商品が見つからない場合は ↓ キーワード入れてみてチョ(^o^)

龍馬(竜馬)死すとも

篤姫が篤い!NHKの大河ドラマも終盤になってきましたね。次回の篤姫は、「龍馬死すとも」です。「龍馬」でなく司馬さんは「竜馬」です。どちらかは分かりませんが、NHKのは「龍馬」ですね。

ところで、暗殺されるんです。僕はこの坂本さんが大好きです。人間「坂本竜馬」がです。司馬遼太郎原作の「竜馬がゆく」のファンです。ですので篤姫でどういう役割をするのか楽しみでした。

主人公ではないのですが、やはり存在感はありますね。彼の存在が明治維新までとつながるのですが、彼が生きていたら又違った明治だったのでしょうね。

それは、死んでしまっていたので分かりませんが、戦争の国にはなっていなかったと思いたいです。竜馬という人は戦争が嫌いというより、平和主義者だったのです。

篤姫でした^_^; ついつい 竜馬の話になると熱くなります。

家茂(松田翔太)が亡くなった大奥は寂しさに包まれていました。る。天璋院(宮崎あおい)は、家茂のいない大奥のこれからをどうするかと・・・・。

薩摩の帯刀(瑛太)は西郷(小澤征悦)、大久保(原田泰造)とともに岩倉具視(片岡鶴太郎)の元にいた。岩倉は、幕府と戦うと主張。それに同意する西郷と大久保。

帯刀は龍馬(玉木宏)から和をもって幕府を倒す大政奉還(たいせいほうかん)の策を聞きます。竜馬は戦争がきらいなんです。薩摩の帯刀(瑛太)は、その実行を決意します。

諸侯の集まる会議の席で、政治を幕府から朝廷へと返す大政奉還の意義を(坂本の案)熱弁するのです。

大奥では、慶喜が政権を返上するとの知らせを聞き動揺します。天璋院も悩みます。そんな中で、今回素晴らしい演技を見せている(中村メイコ)こと庭田嗣子が倒れ死にます。静寛院(堀北真希)は、またもや深い悲しみに・・・。

帯刀は、龍馬と薩摩へと帰る前、日本の未来について語りあっていた。しかし薩摩に帰った帯刀の元に届いたのは、龍馬が暗殺された知らせだったのです。

次回はおもしろいですよ。是非見てくださいね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。